《四川省に峨眉山・楽山大仏と都江堰を訪ねて》

2006年8月13日・14日

四川省にはかなりの数の世界遺産があります。
今回は時間的な制約から省都・成都からさほど遠くない《峨眉山・楽山大仏と都江堰》の2ヶ所
を巡ることにしました。

成都の空港でチャーターした車です。四川省のシンボルレターは『川』です。
そして、『A』は省都・成都の登録を意味します。
トップ アイコン

戻る

この2ヶ所であれば上の中国人用のコースに都江堰を加えることになり、多少時間的にきつくなるので、
2日間車をチャーターすることにしました。

中国の中部から南部にかけての地域の地図です。
クリックすれば大きくなります。
成都近郊の観光地図です。これは拡大しなくても見るみることができますね。
成都の南西方向に『峨眉山と楽山大仏』があり、北西に『都江堰』が所在します。
では順を追ってご案内します。
クリックして進んで下さい・・・
1.峨眉山
2.楽山大仏
3.都江堰
4.四川の食