《夜行列車の寝台で桂林へ》 2010年8月12日

トップページへはこちらを・・・

戻る

トップ アイコン
T38/T39 深圳-桂林 (空特快)    
车次 站次 站名 到达时间 开车时间 运行时间 里程
T38/T39 1 深圳 17:51 17:51 0分 0
T38/T39 2 广州 19:32 19:47 1小时41分 147
T38/T39 3 韶关东 21:57 22:07 4小时6分 368
T38/T39 4 衡阳 次日01:10 1:18 7小时19分 668
T38/T39 5 永州 次日03:32 3:43 9小时41分 809
T38/T39 6 全州 次日04:58 5:01 11小时7分 907
T38/T39 7 桂林 次日07:01 7:01 13小时10分 1030

桂林へ再度行くことになりました。本来は《硬坐=2等座席》で行くつもりでしたが切符が売り切れで、仕方なく残っていた《硬臥=2等寝台》
が入手できたのでそれで行くことにしました。中国では初めての夜行寝台列車ということになりました。

座席は指定だからあわてる必要はないのですが、押し合いで改札を通りました。(いつものことです)

既に既に列車は入線していました。

各車両毎に比較的若い綺麗な女性車掌が配置されています。そして、途中停車中も不動の姿勢で立っています。

多くの写真を撮りたかったのですが、夜行寝台ということでプライバシーにも配慮して少ししか撮れませんでした。

《硬臥》だけに3段ベッドです。私は最下段、彼女は私の向かい側の中段でしたから斜め上になります。
(右の写真に僅かですがピンクのパンツが見えますが彼女です)

彼女の下が、年配の女性で、頭から
毛布をかぶっていました。

到着予定時刻は、朝の7時01分ですから6時頃から皆さんが起き出してきます。

そして、桂林駅にほぼ定刻の到着でした。

朝の光が眩しい《桂林站》でした。

ここから、次は龍勝の梯田を再訪します

←向日葵をクリックすると進みます