《5.鉄道で黒井へ(元謀~黒井) 

2011年2月17日(木)

トップページへはこちらを・・・

6.黒井古鎮へ進む
   (クリック)

トップ アイコン
2月17日は黒井古鎮を訪ねることにしました。

昨日バスターミナルで確認しても一般のバスはなく、またミニワゴンも無さそうで唯一の手段は鉄道のようです。
ネットを頼りにチェックしたところ、列車の本数は少なく、候補となるのは09:31発の1本のみ。
因みに所謂鈍行です。

火車站(鉄道駅)への乗合のミニワゴンがあるのは確認済みですが頻度と所要時間は判りません。
列車は09:31発ですが余裕を持ってホテルを7時過ぎにチェックアウトして徒歩で2、3分のミニワゴンの乗り場へ向かいました。

まだ真っ暗な中を歩いて行くとミニワゴンの発着場辺りが多くの人で溢れています。様子を観察していると、どうやら日雇いの仕事の斡旋場
になっている模様でした。
少し先に2、3人乗ったミニワゴンがあったので、火車站へ行くのかと訊いたところ、そうだ、というので私も乗り込みました。
10分~15分位で乗客が満員になったのでミニワゴンは発車しました。
やっと明るくなり始めた道をミニワゴンは《疾走》して行きます。20分程度で降ろされました、07:50。
どうらや火車站への入り口のようです。料金は3元でした。

乗合ミニワゴンを降りました。奥が火車站です。

こんなミニワゴンです。

県城(元謀の中心地域)⇔火車站の表示

一般的に鉄道駅とバスターミナルの付近に宿泊施設や小さな商店が多くあり賑やかなのですが元謀火車站周辺はそうではないようです。
閑散としていて『賓館』のネオンサインも見えませんでした。
それだけ元謀にとっての火車は本数も少なく元謀站がマイナーになっているのでしょう。
ミニワゴンを降りて火車站は?と訊くと、あっちと指差しされた方へ進んでいくと《元謀站》がありました。まだ灯りが点いていません。
列車の発着に合せて開くようで08:30時間オープンとの表示がありました。
まだ時間が十分にあるので周辺を観察しながら散策しました。
歩いていると市場がありました。時間潰しに中へ入ってみました。
何処でも同じですが、野菜・果物・肉類・鶏類・魚とコーナー分けされています。

目立ったものは特にあり
ませんが、先日羊鍋の時
の野菜を発見。(左の野菜
です)
これだけは日本では見たこ
とがありません。

きのこ類です。

曲がりキュウリ

どくだみの根です。魚の生臭い味がします。

くわいを中国で初めて見ました。

次は肉類のコーナー

中国の市場はダイナミックです。

オッサンが面白がってわざわざすくい上げて写真を撮るようにと強要してきました。

この次は魚類のコーナーへと足を運びました。

もやしです。

これは豆腐です。

当然鶏のコーナーもあります。全て生きたままです。

そうこうしている内に8時半を過ぎたので火車站へ入りました。

上の主要部分を拡大しました。

運賃は僅かに4.5元(約60円弱)です。

セキュリティーも稼動していましたが
未だ閑散としています。
先ず黒井までの切符を買い求めまし
た。驚いたことには4.5元という安さ
です。

無座でしたが、春節のピークも過ぎて
いるだろうし短距離なので気にはなり
ません。

列車の発車時刻まで待合室で居るとゴロゴロという音がしました。
気の毒に結わえ方が十分でなかったのか小さな果物がセキュリティーチェックの機械から出る際に転がり出たようです。
そうこうしている内に改札が始まりましたので改札してもらってプラットホームに出ました。
列車の入線の模様をカメラに収めたかったので駅員に、昆明はどっちか、と訊くと、あっち、と指差しされました。
ところが、列車を待っている乗客の多くは反対側を見つめています。これはおかしいと思い、別の駅員に同じ質問をすると
違う方向、即ち多くの乗客が見つめている反対の方向を指差しされました。納得です。

いよいよ列車の到着です。この時点で約20分の遅れです。

6161列車昆明行き
元謀・黒井間69km
2時間15分

      着   発
元 谋  09:24 09:31
尹 地  09:44 09:46
小月旧 09:54 09:56
羊臼河 10:08 10:10
小 村  10:34 10:36
阿南庄 11:15 11:17
龙骨甸 11:30 11:36
黑 井  11:46 11:54

殆どの駅で列車の行違い待ちです。単線ですからそれ
は仕方のないこと。
但しすれ違った列車は全て貨物列車でした。

現在でも鉄道輸送が大きなウエイトを占める中国を改
めて実感しました。


途中の站をご覧のように撮っています。ということは
デジカメを持って車内をウロウロしていたわけですが、
《羊臼河》を過ぎた辺りで隣の車両のデッキにいると、
車内から楽器の音色が聞こえてきました。

その発生源を探しに隣の車両の中へ入っていきま
した。

《元謀》の站を発車して車内の写真を撮っていると、女
車掌が『写真を撮っては駄目です』と言ってきました。
何度も鉄道で旅をしていますがこんなことを言われたの
は初めてでした。
もっとも、その女車掌の言い方は強く咎めるものでは
なく、単に注意した程度でした。

でもそれに逆らって問題を起こしたくないので、素直に
従いました。(否、従う振りをしました。)

でも、ご覧の通り多くの写真を撮っています。それは
その女車掌が廻って来なかったからで、他の車掌の
居る前で写真を撮っても咎められることはありません
でした。ということは、彼女の方がおかしいのかなぁ。

多分少数民族の一行なのでしょう、車内で楽器の演奏をして楽しんでいます。素朴な音色で心が和みます。
だから汽車の旅は楽しいのです。
(《汽車》と書いてから気が付きました、中国では《汽車》は自動車で、鉄道は《火車》ですね。)

《尹地站》

《小月旧站》

《羊臼河站》

《小村駅》

《阿南庄站》

《龍骨甸站》

《黒井站》
  黒井到着は丁度12:00でした。元謀で約20分の遅れが途中で30分以上の遅れに拡大
  したのを14分の遅れまで回復しての到着でした。

このトウモロコシ売りのバアサンはもぐりでしょう。
茹でトウモロコシが1本1元、たいした売上げでもなさそう。

途中の無人駅からの乗客に切符を売る女車掌。

6161列車昆明行き
元謀・黒井間69km
2時間15分

      着   発
元 谋  09:24 09:31
尹 地  09:44 09:46
小月旧 09:54 09:56
羊臼河 10:08 10:10
小 村  10:34 10:36
阿南庄 11:15 11:17
龙骨甸 11:30 11:36
黑 井  11:46 11:54

きょうの鉄道のダイヤの再掲です。

《黒井》へ着きました。いよいよ《黒井古鎮》へ行きます。

このコースの地図です。